予防策はたくさんある|腰部脊柱管狭窄症を取り除くコツ

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

治療先を選ぶ

病棟

糖尿病腎症や慢性腎不全(CDK)などによって腎臓機能が低下し、人工透析が必要となってきた方は医師とよく相談して治療方法を決めるようにしましょう。人工透析には血液透析や腹膜透析と呼ばれる方法があります。血液透析は週に3回ほど病院で血液中の老廃物を濾過する方法です。医師が常駐する病院やクリニックでの治療となるため安全性が高く、体の状態なども医師が確認しやすいことから日本では主流となっている方法です。一方の腹膜透析は自宅に居ながらにして治療を行うことができる点がポイントです。病院やクリニックへの通院を最低限に抑えることができるため、高齢者の方で移動が困難な方や定期的に病院やクリニックへと通院することが困難な方に最適な治療法となっています。

岡山の病院でもこの透析治療を受けることができます。血液透析の場合は針を血管に刺し、チューブをダイアライザーと呼ばれる機器に接続することで血液中の老廃物を除去します。この治療は定期的に行う必要があるので、血管内に「内シャント」と呼ばれる動脈と静脈をつなぐための機器をつける手術を行う必要があります。もう一方の腹膜透析では腹膜にカテーテルと呼ばれる管を通し、CAPDやAPDと呼ばれる機器へと接続することで血液内の老廃物を除去します。どちらの方法を選ぶかは症状の進行具合や患者のライフスタイルなどを検討したうえで適切な方法を選ぶことになります。そのため岡山の病院では患者とのコミュニケーションやインフォームドコンセントを重視した治療を行っています。岡山で腎臓機能が低下し透析治療が必要となった方は、まずは岡山にある内科や専門のクリニックで治療方法を医師とよく話し合いましょう。