予防策はたくさんある|腰部脊柱管狭窄症を取り除くコツ

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

みぞおちの痛みはすぐ受診

病院

内臓の病気の可能性もある

最近みぞおちの辺りに痛みや違和感をおぼえることがあるという人には、一度新宿の内科で診断を受けてみることをおすすめします。みぞおちが痛んだり違和感を感じたりするとき、その原因としてはいろいろなものが考えられます。中には単なる食べ過ぎや飲み過ぎといったケースもあるので、「今回も食べ過ぎが原因だろう」と軽く考えてしまう人もいます。ところが一方では、胃腸の不調やそれ以外の内臓の病気がもとになってみぞおちに痛みが出ているというような例もあるのです。新宿の内科に気軽に立ち寄って一度診てもらっておけば、痛みや違和感の原因が重大なものかそうでないかすぐにわかるのでそれぞれの原因に応じた対策法をとることができます。

食道がんの一因にもなる

みぞおちの痛みを引き起こす病気のうちで軽視できないものとしては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを挙げることができます。このほか逆流性食道炎が原因でみぞおちに痛みを感じることもあります。逆流性食道炎は近年患者数の増えている病気のひとつで、新宿の内科でもこの病気の診断名を告げられる人が増加しています。昔は日本人に少ないといわれていた逆流性食道炎ですが、食生活が欧米化してきたことによりこの病気を発症して新宿の内科を訪れる人が多くなってきているのです。逆流性食道炎は命に関わるような病気ではないと認識している人も多いようですが、この病気には再発を繰り返しやすいという特徴があります。新宿の内科できちんとした治療を受ければ再発を防ぐことができ、ひいては食道がんのような合併症を予防することにもつながります。