予防策はたくさんある|腰部脊柱管狭窄症を取り除くコツ

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

女性に多い喉のがん

看護師

乳頭がんと濾胞がん

喉にしこりがあるときは、甲状腺の腫瘍を疑ってみる必要があります。腫瘍にも良性と悪性がありますが、悪性のものを甲状腺がんと呼んでいます。甲状腺がんは女性の患者が多く、男性の約5倍もいるとされています。また中年以後に限らず、10代の比較的若いうちから見られる症状です。甲状腺がんは大きく分けて4種類あります。全体の8〜9割を占めるのが乳頭がんで、若い人にも多く見られます。自覚症状はほとんどなく、進行は非常に遅いため、あわてて手術する必要はありません。治療せずに様子を見る場合もあります。治療成績も良く、治りやすいのが特徴です。濾胞がんは5〜10%を占め、30代以降に多いがんです。転移しやすいので手術が必要ですが、一般に予後は良好です。

手術その他の治療法

髄様がんや未分化がんの発生率は1%程度です。髄様がんも30代以降に多く、転移しやすい上に予後もあまり良くありません。遺伝的要素が強いと言われています。未分化がんは高齢者に多く、最も悪質な甲状腺がんとされています。きわめて速い進行を抑えるため、手術のほかに抗がん剤や放射線治療が行なわれます。甲状腺がんは手術で取り除くのが基本です。転移がなければキレイに治療することができます。転移の可能性があるときは、抗がん剤でがん細胞を破壊するのが効果的です。また放射線治療は体力の消耗が小さく、高齢者にも適した治療法です。このほか最近では、免疫細胞療法が併用されることもあります。副作用がほとんどなく、体に優しい治療法として人気があります。